中古車をお得に安く買う方法2

2.中古車が安くなる時期を狙って買う

中古車の価格は、同じ車であっても1年間を通して一定ではない。
高い時期もあれば安い時期もある。

まず、中古車の値段が上がる時期というのは、中古車の需要自体が大きくなる時期だ。
年間で、中古車の需要が拡大する時期というのは決まっている。
具体的には、新生活が始まる前の時期である3月、多くの企業でボーナスが出る6月と12月が需要の大きい時期である。
その他は、秋の行楽シーズンである10月ぐらいであろう。

このように、どうしても車が必要となる時期、またはお金に余裕ができて車が欲しくなる時期というのは決まっていて、これらの時期は、車を買いたい人の需要が大きくなるので、中古車の値段自体は、上がり気味なる。

逆に、車の需要が少なく、相対的に供給がふえる時期は、中古車の値段は下がる。
同じ車であっても、時期によって値段を変わるものであるので、その安くなる時期を狙って買うべきだ。
車の需要が減り、供給が増える時期、具体的には、1月や8月などがおすすめであろう。

特に、1月はおすすめである。
オープンカーなどのスポーツカー、キャンプなどに使えそうな SUV などは、夏には値上がりしがちな車種も、この時期は、季節的な要因が重なってさらに値下がりするからである。

カテゴリー: 中古車を安く買う方法   パーマリンク

コメントは受け付けていません。