中古車をお得に安く買う方法9

9.走行距離で5万キロを超えた中古車の狙う

通常、中古車市場の中で人気のあるのは、走行距離で3万キロ未満の車体、または、5000キロ未満の「低走行車」と呼ばれるものだ。
しかし、人気があるというだけでお得な中古車で無い場合も多い。

低走行であればある程、新車時の価格とくらべて下落率がそんなに高くないからだ。

しかし、中古車価格は通常を5万キロを超えると一気に値段が下がる。
走行距離で4万キロと5万キロは、しっかりとしたメンテナンスを行っていた場合、それほど大きな状態変化はないはずであるが、購入者の気分的に人気が落ちるからだろう。

割安な中古車を購入したい人にとってこれは利用すべき特徴だ。
ワンオーナーなどで点検整備がしっかりとした車両であれば、5万キロであろうが、心配することはないないだろう。

同様のことが10万キロ走行車についてもいえる。
前オーナーの点検整備記録などがしっかりと整備されている車体であれば、心配ないだろう。

カテゴリー: 中古車を安く買う方法   パーマリンク

コメントは受け付けていません。