中古車をお得に安く買う方法11

11.割安な中古車を発見したときは、ボディなどの外装と一緒に、内装の状態を確認する

上記の工夫によって、割安な中古車を発見したとしても、事故履歴やメーター戻しを隠した車体であった場合は、後から泣くことになってしまう。

本当に割安な中古車であることを確認するため、購入前には、ボディなどの外装と一緒に、内装の状態を確認するようにしたい。

外装は、不自然な塗装の跡や、ボディのつなぎ目の隙間が均一でない箇所がないかを中心に調べるとよい。

その他、タイヤの減り具合やひびなどを確認し、不自然な点がないかを確認する。

そして、チェックで本当に重要なのは内装である。

板金塗装などで、ある程度隠すことのできる外装とは違い、内装は、隠すことが難しい。

内装では、ハンドルやシフトレバー、パーキングブレーキレバー、シートのへたり、アクセル・ブレーキペダル、カーペットなどの使用状況を確認すればよい。
走行距離が同じぐらいの車をチェックして、過度に使い込まれていたり、傷んでいたりする場合は、メーターが正確でない場合や、前オーナーの使用の仕方がまずかったなど考えられる。
本当に割安な中古車を購入するために、購入前のチェックはしっかりと行うようにしたい。

カテゴリー: 中古車を安く買う方法   パーマリンク

コメントは受け付けていません。