新車を安く買う方法

新車は100万円以上の高い買い物にもなるため、
ここのお金を節約できればかなりのお金を浮かす事ができます。
以下で新車を安く買う方法をまとめていますので
これから新車を買う方はぜひ参考にご覧ください。

『新車が一番安い購入時期は?』

自動車はモデルチェンジをする直前になると
以前のモデルを売るために現在のモデルが安くなります。
しかし、ここで注意点があります。
それはモデルチェンジが終わってしまうと
以前の型が通常の値段に戻ってしまうのです。
普通だったら1モデル古くなるから安くなりそうなものですが
新モデルで利益を出そうとするため、値段が戻ってしまいます。
新車を購入する際は新モデルが出る直前に買って
通常よりも安い価格で新車を手に入れてしまいましょう。

『新古車を捜そう!』

新車を買いたいけど新車が高すぎる。
そんな方は一度も購入されていない『新古車』を買いましょう。
新古車とはお店が営業成績を上げるために買った新車や
ある程度の間、販売はしたものの売れなかった車の事です。
未使用の中古車という分け方になるのですが
新車と比べると価格はとても安く、また購入時の税金も安いです。
新古車は車屋さんで捜してもらうように頼めば捜してくれるので
安く新車に乗りたい方はぜひ新古車を購入してみましょう。

『値段交渉をして値切る方法』

自動車の購入で意外と知られていないのが
『自動車はかなり値切れる』ということです。
高い買い物だけに値切れる値段は高く、
10万円から上手くいけば30万円ほどは値切れるでしょう。
値切れるのはまず『会社の利益自体が大きいこと』と
会社ごと、営業所ごとの『ノルマ/販売競争が厳しいから』です。
またオプション自体を格安にしてくれることも多いため、
オプションをタダでつけてくれるなんてこともあるかもしれません。
これから新車を購入しようとしている方は
一度値段交渉をして、少しでも値切った方がいいでしょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。